投稿

ガーランドのネーミングについて。Vol.1 GTM編『ファイブスター物語』

イメージ
マイトからガーランドへ モータヘッドからゴティックメードへ、大改編が行われた時に名称も変わったものがあります。その一つがマイトです。マイトというのはジョーカーでモノをクリエイトする人たちで、天才というものはややこしい計算はしない、見れば答えが分かるというもの。

基本的には5本のシグナルボーダーで、初見でもその人の能力が分かるようになっているのですが、モーターヘッドはモータヘッドの、ファティマはファティマの専任とされています。

そのマイトも、ゴティックメードの大改変でガーランドと名前が変わりました。それにともないマイスターはスライダーとなります。もともとマイスターというと、技能を習得し認められた名人に使われる尊称。ドイツでは職業資格として学校に入学して経験を積まなくてはマイスターとして認められない資格となっていますし、日本でもドイツとは全然違う形態ではありますが国が認めるマイスターという制度を作っています。
マイスター制度|コトバンク

マイスターの上級、マイトという流れなんでしょうが混同することを避け、ゴティックメードへ変わるとと同時にガーランドにしたということなんだろうなと思います。またマイトといえばダイナマイトの短縮、略語でもありますからもろもろ混同を避けたのかなとか。

ただガーランドというの元ネタ?があって、第二次世界大戦での米軍の正式ライフル銃がM1ガーランドとよばれています。このガーランド、人の名前です。欧米で見られる人名で、M1ライフルの設計者ジョン・ガーランドや第二次世界大戦のドイツ空軍のエース、アドルフ・ガーランドが有名です。

多分ライフル設計者のガーランドからの引用ではないかなと思いますが詳細は分かりません。ただゴティックメード(旧モータヘッド)ガーランド(マイト)は銃器、兵器関係の名前を戴くキャラクターというのはクリス自らが、明言していました。それとともにガーランドというのは超帝国時代の設計者の組織から来ているということでギルドのような単語であったことも設定に含まれるようになりました。
ソース|F.S.S DESIGNS4覇者の贈り物 P132(リンク先はamazonの販売ページです)
画像はamazonより 内容にガーランドの系統図があります。 ゴティックメード・ガーランドの名前 先に書いたようにガーランドにはある共通するものがあります。ファティマ…

VF、CB、WM、HM、ABさてなんの略?答えは…

イメージ
ヒント・80年代ロボットアニメは百花繚乱期 別のエントリのネタさがしをしていたときに、こういうのを見つけたわけです。 魂ウェブ|地球連邦軍の主力コンバットアーマーがダグラムに続き登場。 http://p-bandai.jp/item/item-1000115462/   このシリーズ、元々バルキリーをVF-100'というシリーズで展開していた完成品トイのシリーズがHI-METALへ発展、さらにRになったわけですがマクロスだけではなくダグラムやザブングルのトイもラインナップに加えているわけです。

tonbori堂はバルキリー好きなんですが、やはりこのころのロボットアニメは直撃世代なんで凄く気になるシリーズです。で、ちょっと調べるとバンダイ、ロボットアニメ系のトイって新世代のガンダムやマクロスだけじゃなく古いシリーズのトイも出して来ているようです。

特にダグラムはタカラの製品でプラモデルもタカラから出ていますが、まさかのバンダイ。いやサンライズはバンダイ傘下ですから、契約期間が決着つけば問題はないのですが。

最近、マクロスにしても新作Δではマクロス・モデラーズという展開で、最初の『超時空要塞マクロス』の頃にプラモデルを製作販売していた、アリイとアオシマ、そしてバンダイ、近年飛行機のスケールモデルの技術を投入してキャラクターモデルに参入したハセガワなどが参加して競作しています。

プラモの主な購買層の年代があがりバンダイのHG、MGシリーズに至っては1万円コースのプラモ珍しくなくなりましたが、作り応えもあるけどバリューも高めの満足感のあるものから、それこそ子どもも作りやすいお値段抑えめ、スナップオンのモデルまで。tonbori堂が子供のころには思いもよらない商品展開になってきました。

ある意味すごくうらやましいというか。子どもの頃にはタミヤのタイガー(敢えてこう記す)がステイタスだった世代からすると隔世の感があります。またロボットのキャラ物もトイがどんどん精巧になっていったこの状況もです。プラモもつくる根気のないおっちゃんには手軽に遊べる並べてコレクションできるトイはありがたいものです。

ということで今気になってるトイをタイトルの答え合わせも兼ねてピックアップしていきたいと思います。

VF(ヴァリアブルファイター|登場アニメ『超時空要塞マクロス』他マクロスシリー…

NHKスペシャル『戦慄の記録インパール』の所感

イメージ
その道は白骨街道と呼ばれた。 2017年8月15日の夜7時半からNHKで放送されたNHKスペシャル『戦慄の記録 インパール』。独自取材と新たな資料の発見で掘り下げたものになっており、文字情報でしかその悲惨さを知らなかったインパール作戦の無謀さ、危険さを表した報道特集になっていました。インパールからの撤退路には兵士の死体がそこかしこに溢れかえり、雨期の雨に打たれ10日ほどで白骨化する事からその撤退路は白骨街道と呼ばれたそうです。 旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。インド・ミャンマー国境の山岳地帯を特別な許可を得て取材。インパール作戦を指揮した司令官の肉声も入手しました。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる #インパール作戦 の全記録。#NHKスペシャル 今夜7時30分 pic.twitter.com/HUNUDDXKXO — NHKスペシャル公式 (@nhk_n_sp) 2017年8月15日

Twitter@NHKスペシャル公式アカウントの告知ツイート 兵站無視の強行作戦 最初から兵站に無理があり補給線の確保が出来ないと分かっていたのに強行された作戦には、上層部への忖度からそれぞれの忖度のままに作戦が立案され、反対の者は左遷されるという異常事態。昔、ヤクルトスワローズなどの監督を歴任した野村克也さんはこういいました。『負けに不思議の負けなし』何故負けたのかというのは必ず負けるべくして負けている。原因ははっきりしているという事です。
インパール作戦に関してもそうです。兵站というのは弾薬だけではありません。多くの兵隊が移動するということは、その3度の飯の食料。移動に必要な移動手段、燃料、医薬品etc。機動戦士ガンダムでもジオン公国のドズル・ザビ中将がギレン・ザビ総帥こういってましたね、『戦争は数だよ、兄貴』
ちょっと話がずれますが、緒戦が押し込まれていても、戦争と言うのは物量の消費戦でもあるので多くの物資を確保できた方が勝利できるのです。第二次世界大戦のアメリカ、ソ連などはその強大な国力を戦争遂行へと舵を切り投入していきました。
昨日のNHKスペシャルでも牟田口司令官が高級参謀に何人殺せばとれるかと聞き、5000人ほどでという話で言えば、海外での軍隊でもそこは似たり寄ったりです。計上される損耗というものは絶対にあります。
当然、死地に赴くのは…

tonbori堂映画語り『ゴジラ』【ネタバレ】

イメージ
原水爆の影響で甦った古代の大怪獣。 画像はamazonより amazonビデオジャケット それが『ゴジラ』です。何故『ゴジラ』のエントリをしたためようとしたのかと言うと今日が8月15日ということも影響しているかもしれません。
『ゴジラ』は娯楽映画として作られましたが、戦争の記憶が色濃い中で作られたため、そこかしこに戦争の匂いがします。ゴジラに蹂躙され、焼かれた街や、深夜のサイレン。ゴジラに怯え疎開を考える市井の人たち。
そういった作品を最初から意図したわけではないにせよ、そういう匂いがする『ゴジラ』について少し語ってみたいと思います。
太平洋の核実験で巨大化した古生代の恐竜。 これは作中で大戸島に現れた正体不明の災厄を調査に訪れた山根博士(志村喬)が、国会の特別委員会のようなところで述べた所見です。
最初の会議の時には実際にこの目で見ないと分からないということで大戸島へ飛び調査をするうちに大きな足跡やその足跡にその生きものに付着していたであろうと思われるトリロバイト、三葉虫を発見するなど、正体不明の怪物。大戸島の言い伝えにしたがい仮に「ゴジラ」と呼称する生物の由来が古生代にあり、さらにはトリロバイトや足跡から強い放射能が測定された事から、当時の冷戦時代に米仏が繰り返した原水爆実験の影響を受けたと推測しました。
原水爆実験が競って行われたこの時代、ビキニ環礁での米軍の水爆実験による第五福竜丸の被曝が念頭にあったことも事実ですが、その事が「ゴジラ」と戦争というものと結びついたことは否定できないと思います。 ソース|Wikipedia|第五福竜丸
被曝前の第5福竜丸と言われている写真|ソースはWikipediaより 対ゴジラ邀撃作戦 勇ましい音楽で保安庁の擁する巡視船による爆雷攻撃が開始されました。この辺り自衛隊の前身であった警察予備隊からの保安隊、警備隊の登場は当時そこから自衛隊に改変され前年に休戦を迎えた朝鮮戦争の影響でもあります。
日本は日本国憲法9条で戦力を放棄し、戦争の手段とする戦力を一切持たないとはずでしたが、周辺事情が変わり東西冷戦の中、日本も共産圏に対しての盾として働くことを求められた結果、産みだされたのが警察予備隊、警備隊からの自衛隊でした。
映画ではゴジラから市民を守るために活動することとなりましたが、そのシーンがまた先の戦争を思い起こさせる一因になって…

8月15日は『日本のいちばん長い日』

イメージ
終戦記念日 終戦というのも結局、2度の原爆投下でポツダム宣言を受諾する事に決まったものの日本の国体を護持せねばという部分で敗戦ではなく終戦、戦争が終わったという言い換えにしたと聞きます。言い換えは昔からこの国のお家芸。撤退を転進というとか。それでも敗戦は敗戦なわけです。なんといってもポツダム宣言を受諾し「無条件降伏」したのだから。
降伏しますけど、これとこれは免責してくださいという条件付きではないわけです。もっとも天皇は何かの責任を問われることは無かったのである意味、占領軍側が忖度(最近はやりですね、この言葉)したのかもしれません。最初は天皇にもなんらかの戦争責任をというGHQも、マッカーサー元帥は昭和天皇とお会いになっていたく感激されたとかなんとかっていう話で特に問いませんみたいな話はよく出てきてますから。これについては映画にもなっていますが、今回はその話ではありません。

日本が何故このような負け戦に乗り出したのかというのは、ABCD包囲網で締めあげられたからだっていうのは、いわゆるライトな方からよく出る話ではありますが、朝鮮半島を併合したのも事実だし、大陸に進出したのも事実。満州国という傀儡国家を立てて植民地化を推し進めたのもです。日本は資源がそもそも少なく海外からの輸入によって成り立っているので資源が欲しかったという単純な理由だと考えています。

今でも世界は資源の取り合いを、あの頃と同じようにしたり、弾は飛び交わないけど脅したりすかしたり、助けたり、騙したりでやっているわけです。

それでも海軍は真珠湾攻撃をした緒戦で止めてハワイまで速やかに進出、しかる後に講和を考えていたとも聞きますが、既に進出した大陸で日中戦争を遂行していた陸軍は大陸と東南アジア侵攻にとりつかれ、緒戦の勝利を講和に結びつけることが難しい状況でした。そして戦局は泥沼へ進んでいき、各地でいわゆる大本営のいうところの転進を余儀なくされていったわけです。

枢軸国側として世界相手に戦争する事になったあげく、伸び切った戦線を維持できず、逆に本土への戦略爆撃を許すことになり2発の原爆投下をもって無条件降伏を受け入れました。今回ご紹介するのは8月15日にポツダム宣言を受諾し玉音放送が流れるまでの8月14日に起こったいわゆる宮城事件を描いた『日本のいちばん長い日』です。

画像はamazonより ジャケット写…